ここそでのイメージ写真

ミニチュア着物を染める。

ミニチュア着物(小々袖)を、作る・創る・製る。

図案を書く。

ひな型(今回は御所解模様)
に模様を描く。     
ミニチュア着物の出来上が
り(模様の位置関係)を考え
ながら。        

ひな型に描いた模様を、草
稿に書き直す。     

先ずは、糸目糊を作る

糊糸目とは、友禅の時の防
染の役割をする。    
糊糸目で模様の形等を描く

糊糸目材料

もち粉、米ぬか、塩等の材
料を篩いにかけておく。 

糊糸目材料に熱湯

篩にかけた材料に熱湯を少
量ずつ入れ捏ねる。   

捏ねながら熱湯

材料を捏ね混ぜながら熱湯
を入れていく。     

お団子状の糊

捏ねて材料をお団子状に。

竹皮の上の糊

そのお団子をドーナツ状に
して蒸し器にかける。  

蒸終わりの糊

蒸上がったら、すり鉢に入
れ、蘇芳汁・石灰を入れ混
ぜ捏ねる。       

赤糸目 白糸目

赤色は蘇芳(と石灰)入り糊=赤糸目
グレーは亜鉛末(と石灰)入り糊=白糸目

この後、各々晒で漉して搾
る(滑らかとゴミ取り)  

赤糊糸目  白糊糸目

page Top